歯周病治療について

 歯周病治療とは

歯周病とは、昔は歯槽膿漏と呼ばれそのまま放置しておくと、歯を支えている骨が溶けてきて、膿が出たり、歯がグラグラしてきて最終的には抜け落ちてしまう病気です。おおくさ歯科医院では、「出来るだけ歯を抜かない」という治療方針、また歯周病と全身疾患とのかかわりについても明らかになってきたこともあり、特に歯周病治療に力をいれております。

 歯周病と全身疾患とのかかわり

歯周病が本当に怖いのは、口の中の事だけではありません。

歯周病があると、最近が口の中の血管に入り、全身に回ってしまいます。心臓病、脳卒中、糖尿病、早産、低体重児、肺炎など様々な病気を引き起こすと言われています。

心臓病
歯周病が進むと、歯周病菌によって血栓ができやすくなり、その結果、動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症などを引き起こしやすくなります。
糖尿病
糖尿病があると、免疫力が低下するため、歯周病が悪化しやすくなります。また歯周病菌により、糖代謝が悪くなって糖尿病を悪化させる可能性があることが分かってきました。
早産
歯周病菌がへその緒を通して胎児に影響することがあります。また歯周病のある妊婦さんは、早産や低体重児を出産する確率が7倍にもなると言われています。
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
お口から入り込んだ歯周病菌が肺で増殖して、肺炎を引き起こす場合があります。特に高齢者の方の場合、気管支の働きも弱くなるため、かかりやすくなります。

 治療方法

おおくさ歯科医院での歯周病の治療は、主に「お薬で治す歯周内科治療」と「デトックス治療(YM治療)」を行っています。

お薬で治す歯周内科治療
顕微鏡を用いて、お口の中の細菌を検査後、必要に応じてお薬を使う治療法です。
デトックス治療(YM治療)
歯茎にたまった細菌が出す毒素を無痛、無麻酔にて排出させる方法。白血球中の顆粒球とリンパ球のバランスを正常値に近づけ、自己免疫力を向上させることを目的とした治療です。
鳥取県で唯一、YM治療認定歯科医院です。
画像 4

顕微鏡検査
上記の治療法を行うには、必ず顕微鏡を用い、お口の中の歯垢を採取したものを観察して、細菌の状態を確認する必要があります。顕微鏡検査なくして、歯周病治療はありえないと考えております。

トップページ

おおくさ歯科医院のブログ

おおくさ歯科医院のカレンダー

おおくさ歯科医院予約

 診療時間


 月火水金
09:30~12:30
15:00~20:00
 木
09:30~12:30
 土
09:00~14:30
 日・祝日
休診日

 関連リンク



鳥取県歯科医師会

株式会社トータルサポートOTA

三浦歯科医院

おおくさ歯科医院ホスピタ掲載ページ

おおくさ歯科医院公式Facebook